MENU

【永遠に色褪せない】日本を代表するR&B男性シンガー12選

記事内に広告が含まれる場合があります。
DJガーちゃん

What’s up!DJガーちゃんです♪
今回は日本を代表する男性R&Bシンガーの名曲を紹介するよ!

今回は永遠に色褪せない日本のR&Bシーンを代表する男性シンガーの名曲をまとめました。

90年代~2000年代の現代までも、数多くの素晴らしい邦楽R&B男性シンガーの名曲が生み出されています。

彼らの耳に心地よく美しい歌声に癒され、アップテンポでソウルフルなサウンドに気分もリフレッシュし、心も体もパワーチャージすることが出来ます。

1990年代・2000年代と年代ごとにご紹介していきましょう!

  • 日本の男性R&Bシンガーの「名曲」を知りたい
  • 日本の男性R&Bシンガーの「名曲」を聴きたい
目次

日本のR&Bシーンを代表する男性シンガーの名曲

1990年代・2000年代と年代ごとに、以下の順序にてご紹介していきます。

1990年代

久保田利伸 【LA・LA・LA LOVE SONG with NAOMI CAMPBELL】

1996年5月16日リリース

久保田 利伸(くぼた としのぶ)

日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。日本にR&Bを紹介し、根付かせた人物。静岡県出身。身長170cm、体重59kg。血液型O型。別名・愛称は「ファンキー久保田」「クボジャー」「キング・オブ・Jソウル」「久保やん」「クボトシ」「久保田の兄貴」など。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

フジテレビ月9「ロングバケーション」主題歌。
当時ニューヨーク在住中だった久保田が、偶然ナオミ キャンベルと同じマンションに住んでおり、そのエレベーター内で対面し、意気投合したことから実現したという。歌唱は久保田のみで、サビのコーラスも久保田本人が担当し、オーバー・ダビングが施されている。

200万枚を記録する大ヒット。あらゆるチャートを賑わす。同年発売のアルバムはミリオンを記録している。出だしのきれいなメロディーが印象的で日本を代表するラブソング。いつの時代に聴いても色褪せない1曲。

米倉利紀【Yes, I do】

1997年7月9日リリース

米倉 利紀(よねくら としのり)

大阪府豊中市出身。1992年にパイオニアLDCよりSg 『未完のアンドロイド』でデビュー。華やかでスムーズなバックトラック、伸びやかで 安定感抜群のヴォーカル力、幾重にも重ねられた印象的なコーラスワークなど様々なトレードマークを持つ本格派R&Bシンガー。他アーティストへの楽曲提供、プロデュースを行うなど幅広い音楽活動を展開中。

Tokuma Japan CommunicationsHPより引用

TX系「ASAYAN」エンディングテーマ。「サークルKジャパン」CMソング。EXILE ATSUSHIも尊敬するアーティストの一人で、「Yes,I do」をソロライブでカバーしている。

日本人シンガーには珍しいキース・スウェット的な粘性の高いヴォーカルと、華やかな容姿。

大人の恋愛の機微を表現するにふさわしい中低域の豊かさがとても魅力。低音から繊細なファルセットまで、自在に駆使したヴォーカルからは、歌えない歌はない。トップクラスのR&Bシンガー。

2008年からは俳優としても、舞台・ミュージカルに数多く出演している。

2000年代

平井堅【楽園】

2000年1月19日リリース

平井 堅(ひらい けん)

三重県名張市出身。1995年デビュー。 2019年12月発表の最新シングル「#302」を含め46枚、最新アルバム『あなたになりたかった』含めオリジナルアルバム10枚をリリース。 歌謡曲は勿論のことR&B、POP、ROCK、HIPHOP、HOUSEなど多種多様なジャンルに傾倒し、数多くのヒット作品を輩出。累計3,000万セールスを記録する。

Sony music オフィシャルサイトより引用

デビューシングル以来、ヒットに恵まれなかった平井堅にとって【楽園】は歌手生命を賭けた作品であった。当時、女性R&Bが爆発的人気でR&Bに舵をきったのは正解だった。このシングルのCMには、当時同じ所属事務所の研音だった江角マキコが出演した。

オリコン最高7位、累計出荷枚数は60万枚を記録し平井はブレイクを果たした。切なげに歌う唯一無二の美声と、ドレッドヘアで白黒のPVが印象的。

LL BROTHERS【Bumpin’ Freakin’】

2000年4月5日リリース

LL BROTHERS(エル・エル・ブラザーズ)

福岡県久留米市出身。兄TAKANORI弟MASAYAの実の兄弟からなるR&Bシンガー・ソングライター・デュオ。

1990年、テレビ番組内企画通称「ダンス甲子園」出演を機に日本中にダンスムーヴメントを巻き起こし1991年「LL BROTHERSのテーマ」でメジャーデビュー。オリコン2位を獲得する。数々のメディア出演、ライブ活動を重ねダンスだけに留まらないエンターテイナーを目指し活動する中、より音楽活動に専念するため自ら一線を退き、自身で楽曲制作を開始、本格的にR&Bシンガー・ソングライターとしての道を歩み出す。

トラックメイクから作詞作曲、コレオグラフィーまで、全てをセルフプロデュースし、兄弟ならではシンクロしたパフォーマンスを武器に唯一無二のスタイルを確立していく。

LARGE LONG BIG HPより引用

プロデューサーT.Kura(Giant Swing Production)との出会いをきっかけに【Bumpin’ Freakin’】をリリース。日本人離れした体格と圧倒的なパフォーマンスで音楽業界に衝撃をもたらした。続いて、ミニアルバム「NEXT LEVEL」をリリース。ブラックミュージックにインスパイアされた本場R&Bスタイルを地で行く日本人アーティストのパイオニア的存在としての礎を築く。

シンガーソングライラ―としての活動もスタートし、EXILE・安室奈美恵・CHEMISTRY・COLOR(現DEEP)・THE SECOND(現EXILE THE SECOND)などへの楽曲提供も行なっている。

CHEMISTRY【PIECES OF A DREAM】

2001年3月7日リリース

CHEMISTRY(ケミストリー)

日本の男性ツインボーカルユニット。

川端要(かわばた かなめ)1979年1月28日生まれ。身長173cm、血液型: A型。立ち位置は向かって右。

堂珍嘉邦(どうちん よしくに)1978年11月17日生まれ。身長174cm、血液型: O型。立ち位置は向かって左。

公式ファンクラブ名は「chemistry club」。 テレビ東京のオーディション番組『ASAYAN』が行った男性ボーカリストオーディションで選ばれた2人により結成される。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

2000年テレビ東京「ASAYAN」にて開催された、「ASAYAN超男子。オーディション」で合格・デビューが決定したCHEMISTRYのデビュー曲。デビュー曲でオリコンシングルチャート初登場2位を記録。その後5週にわたり同チャートTOP5に滞在、更には発売6週目でオリコン1位を獲得。その後もロングセラーを続け、発売15週目でミリオンセラー達成。2001年のオリコン年間シングルチャート第3位にチャートイン。現時点でCHEMISTRY最大ヒット曲で、唯一のミリオン。

ふたりの美しい歌声を聞いたときまさに「化学反応」だと感じた人も多いのでは。極上のハーモニーが何度も聴きたくなる1曲。

Full Of Harmony(F.O.H)【涙の数だけ】

2005年6月1日リリース

Full Of Harmony(フル・オブ・ハーモニー)

1997年、HIRO,ARATA,YUTAKA3人Full Of Harmonyとしてグループ結成。

1999年にF.O.Hとして「BABY」でインディーズ・デビュー。同年10月「BE ALRIGHT」でREWIND RECORDINGSよりメジャー・デビュー。当時珍しかった本格派R&Bを主体とし、Zeebra、RhymesterなどHIPHOPアーティストからフックアップされ、DOUBLE やDreams Come True吉田美和とコラボレーションするなどこれまでなかったスタイルで一躍話題になる。その後、Vincent Herbertのプロデュースでのレコーディングを皮切りに、NYではJoe’s Pubでのライブも行い、Ne-YoTeddy Rileyなどの豪華プロデューサー陣との制作でも高い評価を得た。

Full Of Harmony OFFICIAL WEB SITEより引用

涙の数だけ】は映画「戦国自衛隊1549」の主題歌。どんどん引き込まれていく優しいバラードになっていて、素晴らしいハーモニーに癒される。

F.O.Hのメインボーカル、HIROはソロプロジェクト「MIHIRO」としても活動。本名のHIROにMy Heroをかけたもので、ソロデビューする際に親交の深い、Ne-Yo、Michael Jackson、Janet Jackson、Bobby Brownらを手掛ける超大物ヒットメーカーのテディー・ライリーに命名された。R&Bシーンの大物たちから絶賛された日本人シンガー。R&Bシーンの大御所が絶賛する歌唱力に注目。

COLOR【Summer time cruisin’】

2005年8月25日リリース

COLOR(カラー)

2004年、EXILEのボーカルATSUSHIを中心に、地元の後輩であるKIKURI、音楽専門学校時代からの友人であるYORK、オーディションで選ばれたTAKAの4人で「COLOR」を結成。

2004年12月1日、シングル『Special love』でデビュー。

2006年10月21日、TAKA以外の全メンバーが脱退。ATSUSHIプロデュースのもと、TAKAと新たなメンバーで活動することを発表。

2010年11月17日、「EXILE ATSUSHI Premium Live 〜The Roots〜」で一夜限りの復活。

その後、新生「COLOR」が誕生。

2009年6月30日、「COLOR LIVE TOUR 2009 〜DEEP〜」最終日に、翌日の7月1日よりグループ名を「DEEP」と改名し、ATSUSHIプロデュースから離れセルフプロデュースで活動することを発表。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

Summer time cruisin’】は活動期間わずか2年の伝説のR&Bグループが生み出した、爽やかなアッパーチューン。ギャングの様な見た目からは想像がつかない美しく甘いハーモニー。
大人で良質な音楽。ボーイズツーメンの様なサウンドとソウルを感じさせる歌声がたまらない。
昔も今聴いてもコーラスグループでCOLOR以上はいないのでは。最強のコーラスグループ。

清水翔太【HOME】

2008年2月20日リリース

清水 翔太(しみず しょうた)

1989年2月27日生まれ。大阪府八尾市出身。作詞・作曲、そしてアレンジまでこなす天才肌のシンガーソングライター。地元大阪のスクールで学び、ソウルミュージックに魅せられたことをきっかけに、時に力強く、時に儚く歌い上げ、感情豊かな歌唱からラップまでこなすなど、POPS~R&B~Hip-Hopを横断しマルチな才能を発揮する日本では稀有な存在。2008年にシングル「HOME」でメジャーデビュー。2021年までにフルアルバム9枚をリリース。サブスクリプションサービスでの総累計再生回数は10億回を超えるなど、日本の音楽シーンのトレンドセッターとしての存在感を発揮し続けている。

sony music japanHPより引用

2007年11月、ニューヨークの音楽の殿堂アポロシアターの世界的に有名なイベント<アマチュアナイト>に出演した際、清水翔太は全く無名の18歳のアマチュア・シンガーで、 BEN E. KINGの往年のヒット曲「STAND BY ME」など2曲を歌唱。オーディエンスから拍手喝采を浴び、地元の有力新聞に100万人に1人の生まれながらのソウルシンガーと絶賛された。

サビのメロディがとても心地よく、何度も聴きたくなる名曲。
デビューシングル=HOME、彼の情熱の原点=HOMEとして、これ以上ないくらいにぴったりの楽曲。

JAY’ED【Everybody】

2009年10月14日リリース

JAY’ED(ジェイド

1981年9月16日生まれ。本名、Jade Goto(ジェイド・ゴトウ)。ニュージーランド生まれ、大阪府箕面市出身。所属事務所はLDH、所属レーベルはドリーミュージック。日本人の父とニュージーランド人の母のもと、ニュージーランドで生まれる。10歳から大阪に移住。17歳から音楽活動を開始する。

2008年5月21日、シングル「Superwoman」でメジャーデビュー。2016年4月、友人であるATSUSHIの紹介でLDHに所属となる。2011年より「Juke Box Lounge」と銘打ったライブを定期的に開催している。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

大阪のヒップホップ・クルーD-ST.ENT.に所属していた。ジャスティン・ティンバーレイクのオープニング・アクトやORITO率いるORITO BANDのコーラス等々、ステージという現場でも経験を積む。【Everybody】は80sリバイバルなディスコ・ポップのエッセンスをR&B にマッシュアップした意欲作。

JUJU with JAYED「明日がくるなら」( 映画「余命1ヶ月の花嫁」主題歌) の300 万ダウンロードの大ブレイクで、JAYED の香水のように香る歌声とココロ揺さぶる歌唱に問い合わせ殺到!バイリンガルな英語と透明感があってかつ、ソウルフルな歌声。優しい歌声に癒されているファンが多い。

CIMBA【REPLAY~next lifetime~ feat. Mr. Low-D, DJ LAW】

2009年12月2日リリース

CIMBA(シンバ)

1983年4月25日生まれ、東京都出身のシンガー・シンガーソングライター・プロデューサー。

険な香りが漂うビジュアルとセクシーで甘い歌声、メッセージ性の強いリリックでR&B・HIPHOP シーンで絶大な人気を誇る。

幼い頃ブラジルのリオデジャネイロで過ごし、ジャズエレクトーンの奏者であった母の影響を受け音楽の道へ。デビューして間も無く発表された「REPLAY」が、スマッシュヒット。その後リリースした楽曲はあらゆるランキングでトップチャートを連発、アルバム発売ごとに開催された渋谷O-EAST、川崎CITTA でのワンマンライブを3年連続成功させるなど確固たる地位を築いてきた。 また国内外、ジャンルを問わず様々なアーティスト達からfeaturing オファーが殺到し、CIMBA が今までに客演参加した楽曲は50曲を超える。最近ではソングライター・プロデューサーとしても国内で活躍するトップアーティスト達に次々と楽曲を提供。

CIMBA 公式サイトより引用

【REPLAY】は2009年12月リリースしたCIMBAを代表する人気ナンバー。ライブ、インターネットなどから火が付き口コミで拡がり、 瞬く間にYOUTUBEの再生回数が現在600万回を超えCIMBA人気の導火線となったCIMBAの綺麗で透き通る声にドハマりすること間違いない名曲。

HI-D【パズル】

2013年4月10日MV公開

HI-D(ハイディー)

東京都西東京市出身のヒップホップ/R&Bシンガー、音楽プロデューサー。

フィンランドのユニット「3rd Nation」の専属ダンスメンバーとしての5年間の活動を経て、2003年Def Jam Japanよりシングル『Girlfriends feat.ZEEBRA』で歌手デビュー。また、木梨憲武率いるあじさいのメンバーでもある。元子役俳優の平野心暖は甥。

ウィキペディア(Wikipedia)より引用

Def Jam Japan初の男性R&Bボーカリスト「HI-D」多数のアーティストのライヴでフィーチャリング・ヴォーカル・ゲストとしてステージに上がるなど話題に。

【パズル】は2013年4月23日にリリースしたアルバム「Love Life」の収録曲。
2013年はHI-Dのデビュー10周年。極上のバラードナンバーとなっている。

三浦大知【EXCITE】

2018年3月7日リリース

三浦大知(みうら だいち)

1987年8月24日生まれ、沖縄県出身。 Folder のメインボーカルとして1997年にデビュー。2005年3月にシングル「Keep It Goin’ On」でソロ・デビュー。

天性の歌声とリズム感、抜群の歌唱力と世界水準のダンスで人々を魅了し、コレオグラフやソングライティング、楽器も操るスーパーエンターテイナー。

「第50回日本有線大賞」において「有線音楽優秀賞」を受賞。合わせて「第59回輝く!日本レコード大賞」において「EXCITE」が優秀作品賞を受賞、その年「第68回NHK紅白歌合戦」にて紅白初出演を果たした。

三浦大知オフィシャルWEBサイトより引用。

ライダー生誕45周年記念作品仮面ライダーエグゼイドの主題歌として制作された。全仮面ライダー大投票で音楽部門で1位の作品。

圧倒的な歌唱力、ダンスパフォーマンス!大人から子どもにまで愛されている1曲。ライブでもクオリティ保ちながら全く乱れぬボーカルで歌い上げる三浦大知。どんどん進化する彼に今後も目が離せない。

さいごに

永遠に色褪せない、日本の男性R&Bシンガーの名曲13選をご紹介してきました。

1985年に久保田利伸が、日本の音楽界で初めてとなる完全なR&Bを披露し、R&Bを日本国内に認知させました。

1988年以降に米倉利紀、平井堅などが誕生し、90年代後半はMISIA, DOUBLE, そして宇多田ヒカルの登場により女性R&Bシンガーの大ブームが起こりました。

2000年代に入ってからもR&Bブームは続き、CHEMISTRY、EXILE、三浦大知、と続々と男性R&Bシンガー・男性R&Bグループが登場し、現在も日本の音楽シーンを引っ張っています。

Full Of Harmony、LL BROTHERS、三浦大知、HI-D & LEO【SUGAR SHACK】

DJガーちゃん

今回はさいごに「SUGAR SHACK」を紹介するよ♪
MVで歌っているのは、Full Of Harmony、LL BROTHERS、三浦大知、HI-D 、LEO。
Full Of Harmonyが発起人。
男性R&Bに特化した音楽イベントの開催を目的に、2008年に結成されたプロジェクトを「SUGAR SHACK」と命名。

それに賛同結集したアーティストを「SUGAR SHACK FAMILY」と呼ぶよ!
メンバーはFull Of HarmonyのほかにCIMBA、TSUYOSHI 、JAY’ED、LEO、三浦大知、LL BROTHERS、HI-D、真之介、Lugz&Jera(結成当時は、L&J)、MICHIYAの総勢11組。
私も生ライブを観に行ったことがあるけど、最高にかっこよかったよ♪

2009年7月22日リリース

お気に入りの1曲は見つかりましたか?

今後も日本のR&Bシーンに目が離せません!

チルなR&Bライフを♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブラックミュージックを愛する怪獣DJ(♀)
・14歳からR&Bに惚れ込み聴き続けている
・趣味でR&Bシンガー・バンドヴォーカルをしていた
・主に渋谷のクラブやLIVEハウスで活動
・HIPHOP/R&Bクラブイベントのオーガナイズ経験もあり
・東京在住の3児のママ
人生を彩る最高のブラックミュージックをお届けします♪

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次